Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、雑学、トリビア、お役立ち情報などを分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。

ツルは、何故一本足で立つ?

ツル

凍てついた冬の水辺で、立ったまま寝ているツル。
日本の題材によく選ばれる構図ですが、とても人間には真似のできないポーズです。

目を閉じて一本足で立つといえば、平衡感覚のテストでありますが、人間の場合、わずか数十秒くらいでぐらついてきます。
たとえツルであっても、2本足のほうが、安定性が高いであろうにと、誰しも考えることでしょう。

が、ツルが立っている環境を考えてみましょう。ものみな凍てつく極寒地なのです。
背中に首をうずめ、足も1本を中に折って、全身をなるべく羽毛の塊と化して、体温が奪われるのを最小限にしているのです。

くわえて、体を支えている足のつけ根には、一種の熱交換装置があり、足先で冷やされた静脈血は、体内から送られてきた動脈血の熱を奪い、暖かい状態で体内に流れ込みます。
動脈血の方は、反対に冷たくなって足先に向かうので、足先がシモヤケになったり、また足元の氷が解けて穴が開いたりするようなこともありません。

ツルの、この環境適応のメカニズムの巧みさは、感動的といえるほどです。
雑学 豆知識
関連記事
おすすめ記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する