Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、雑学、トリビア、お役立ち情報などを分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。

トビの、羽ばたかずに飛べるカタチとは?

トビ

トビは、ソアリングという上昇気流などの気流を利用して、羽ばたかずに空を飛びます。

一方、羽ばたかない飛び方に、グラインディングというのがありますが、これは羽ばたいて勢いをつけて飛ぶという点で、ソアリングとは異なっています。

上昇気流といっても、常に上へ上へと風が吹いているわけではありません。
上昇しているのは上昇気泡と呼ばれる、暖かい空気の塊で、トビはこの塊の中を飛びます。

このとき、直線上に飛んだのでは、すぐに気泡から飛び出てしまうので、気泡の縁に添って、輪を描いて飛ぶのが一番効果的です。

トビの群れを見ると、同じ輪の上を飛んでいるのが分かるでしょう。

が、そもそも何故このような飛び方をするのでしょうか。
それは、生きている獲物を狙う鳥は、広い範囲を常に探していなければならないからです。
そのために、羽ばたかずに、エネルギーを効率よく使っているというわけです。
雑学 豆知識
関連記事
おすすめ記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する