Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、雑学、トリビア、お役立ち情報などを分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。

ワイシャツの裾が、不必要に長いのは何故?

ワイシャツ 裾

ワイシャツの裾(すそ)ですが、ズボンから飛び出さない程度の長さがあれば良いと思うのですが、実際には、かなりの長さがズボンの下に隠れることになります。

何故、ワイシャツの裾は、不必要と思えるほど、こんなに長いのでしょうか?


実はこれには、深いわけがありました。
17世紀頃、ヨーロッパの紳士のパンツの代わりを果たしていたのが、この裾だったのです。

当時は、男女ともに下着をつける習慣はなく、肌に直接シャツを着ていました。
が、やがて女性が馬に乗るようになり、衛生面を気づかって(あるいは股ズレを嫌って?)下着が用いられるようになりました。

そして、男性も右にならえで、取りあえずシャツの裾を長くして、大切なところをガードしたというわけです。

が、全体的に長くしてしまうと、馬に乗るときに裾が鞍(くら)にかかってしまい、邪魔になります。
そこで、両側は切れ込むように短いデザインにしたのです。
雑学 豆知識
関連記事
おすすめ記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する