Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、雑学、トリビア、お役立ち情報などを分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。

耳たぶの形が意味するものは?

耳たぶ

日本では、耳たぶの大きなを「福耳」といい、福相のしるしとして喜ぶ習慣があります。
が、この耳たぶ、生きていくうえでは大きくても小さくても何の影響もありません。
一体、この耳たぶには、何らかの意味や必要性があるのでしょうか?

人間動物学の専門家の説によれば、耳たぶを含めた外耳の部分は、元来集音機の役割を果たしていたといいます。
かつては人間も、大自然の中で暮らしていたので、さまざまな危険から身を守るために遠くの音を聞き取ることは、生きていくために必要不可欠な能力でした。
そのため、人間の耳も他の動物たちと同じように大きく発達していたのではないかというのです。

しかしながら、文明が発達するにつれて、人間の暮らしに遠くの音を聞く必要はなくなってきました。
それで、今度は文明に反比例するように大きな耳は退化していき、かつての名残として耳たぶが残ったのではないかというわけです。

その他、耳たぶは性感帯として発達したのではないかという動物行動学者の珍説などもあるようですが、いずれにしても、科学のレベルで判断する限り、あまり「福」とは関係がないようです。
雑学 豆知識
関連記事
おすすめ記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する