Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、雑学、トリビア、お役立ち情報などを分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。

大文字焼きの大の字は、どこから来た?

大文字焼き

京都の3大祭り以外で、最も人気を集める大文字焼き。
京都では、特に”大文字送り火”といい、毎年8月16日の午後8時ちょうどに点火される「大」の字は、一画125mにもなる、スケールの大きい送り火です。

さて、この如意ガ嶽で焼かれる文字は、何故「大」の字になったのでしょうか?

最も有力といわれている説は、『花洛名勝図絵(からくめいしょうずえ)』に出てきます。
弘法大師空海が、悪霊退散のために大の字に75本の火を焚いて祈祷を行なったというものです。

が、その他にも諸説が入り乱れ、本当のところははっきりしません。

真夏の風物詩として、夜空を彩る炎も神秘的なら、その起源もまた謎めいているのが大文字焼きなのです。

変更された「大文字」の点火時間


なお、五山送り火(ござんのおくりび)は、以下の5山で、毎年8月16日の以下の時刻に行なわれます(大文字焼きはそのひとつです)。

「大文字」(京都市左京区浄土寺・如意ヶ嶽(大文字山)。20時00分点火)
「松ケ崎妙法」(京都市左京区松ヶ崎・西山及び東山。20時05分点火)
「船形万灯籠」(京都市北区西賀茂・船山。20時10分点火)
「左大文字」(京都市北区大北山・大文字山。20時15分点火)
「鳥居形松明」(京都市右京区嵯峨鳥居本・曼荼羅山。20時20分点火)

近年では、「大文字」が最初に点火されますが、1956年頃までは最後に点火されていた、とする文献があります。
これは、大文字が五山の中でも横綱格であるから、という理由によるものだそうです。
雑学 豆知識
関連記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する