Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィン等で得た、雑学、トリビア、お役立ち情報等を分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるお役立ちオンラインツールやブログパーツも公開&配布しています。

コカ・コーラの底の謎の刻印?

コカ・コーラ

最近は、都市伝説や噂の流行が話題になることがあります。
古くは、「ハンバーガーはネコの肉」とか、「ケンタッキーおじさんの呪い」など、根も葉もない噂で迷惑した外食産業もあります。

かつてコカ・コーラにも、「甘口、辛口、中間」と味が三種類ある」などという噂が流れたことがあります。
この噂は、「地区ごとに、どの味が受けるかテスト中だ」などと、話しはどんどん具体性をもって大きくなっていきました。

これは、そもそもコカ・コーラの底にある刻印に、四角、三角、丸と3つの種類があることが事のはじまりでした。
刻印がすべて同じではなく、3種類あるため、そんな神話が生まれたのです。

それでは、この3種類の刻印にはどんな意味があったのでしょうか?
答えは簡単明瞭で、ボトルの製造工程で、やむを得ずできるもので、深い意味など何もありませんでした。

具体的には、コカ・コーラのボトルの表面に機械でロゴ・マークを入れる際、ビンの位置を決めるために、円形やら四角やらのくぼみがつけられます。が、工場によってその形が違うため、この3種類の刻印があるというわけなのです。

コーラの 刻印
写真は、こちらからお借りしました。

また、1970年代から1980年代前半頃にかけて、「コカ・コーラを飲むと骨が溶ける」ということがいわれたこともありました。
このことについて、当時、コカ・コーラ社ではパンフレットを作成し、「確かに魚の骨をつけておくと溶けてしまう」ことを認めました。

しかしながら、魚の骨は人間の骨と成分が違うこと、また、通常人が飲んだコカ・コーラは消化器官を経由し、骨に触れるころには別な成分に変わっているため、飲み続けても骨がもろくなったり、溶けたりすることはないと説明していました。
雑学 豆知識
関連記事
おすすめ記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する