Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、雑学、トリビア、お役立ち情報などを分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。

空は何故丸く見える?-目の錯覚だった

どこまでも続く 空

子供の頃、「空はどこまで続いているのか?」「終わりはあるだろうか?」と、誰でも一度は空に思いを馳(は)せたことがあるのではないでしょうか?
そして、見上げるその空は、平らではなく丸く見えます。
これは、何故なのでしょうか?

空が丸く見えるのは、目の錯覚


空が丸く見えるのは、空までの距離、星までの距離がまったく見当がつかないことから生じる目の錯覚です。
距離感、遠近感がつかめないと、全部同じ距離に見えてしまうのです。

そしてこの、全部が同じ距離にあるものが、つまり「球」というわけです。
それで、空は丸く見えてしまうのです。

「大きくなったら飛行士になって、ボクが目の錯覚だということを証明するニャン」
飛行機を操縦する 猫
写真はこちらからお借りしました。

かつては、空は大きな球と考えられていた


天動説が信じられていた時代には、空は大きな球と考えられていました。
そして、なんと、太陽と夜空に輝く多くの星は、それに張りつけられているものにすぎなかったのです。
当時の人々は、天球の内部は人間界、外側を天界と考え、神々が住んでいる天界を見るのが最大の夢だったといいます。

今夜あたり、童心にかえって夜空を眺(なが)めれば、天界への扉が見えるかもしれません。
雑学 豆知識
関連記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する