Super源さんの雑学事典

しつけが良すぎて捕まったマヌケな泥棒がいた!? - お寺出身の「キレイ好き泥棒」の悲哀

マヌケな 泥棒

「なくて七癖」とよくいわれますが、くせがもとで捕まった、マヌケな泥棒がいます。

くせがもとで捕まった、お寺出身のキレイ好き泥棒


この男の手口は、いつもトイレの窓から侵入するというもの。
外出前に、戸締りをしっかりしたつもりでも、トイレの窓だけは対象外というのは意外と多いもの。そこをついたものでした。

さて、この泥棒(40歳)は、トイレの窓から忍び込むと、まず最初に必ず風呂場に直行。
屋根を歩いたり、トイレを歩いたりして汚れてしまった足を、念入りに洗うのです。
それから、タオルで足をきれいに拭いて、仕事に取りかかります。

この、異常なまでのキレイ好きさが、彼の犯行のユニークな特徴となり、同一犯行であるとすぐに分かってしまう結果となります。

御用となってから、このキレイ好き泥棒に、何故足を洗うのかと尋ねたところ、

「自分は代々続いた寺の出身で、子供のころから、よその家にあがる前に、まず手足をきれいに洗って拭くように、としつけられた」

と告白しました。

ああ哀しいかな!
幼児期の厳しいしつけが、かえってアダになってしまったというわけです。
珍事件簿
関連記事

* Category : 珍事件簿

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する