Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、雑学、トリビア、お役立ち情報などを分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。

レンコンには、何故穴がある?

レンコン

レンコンには、何故穴があいているのでしょうか?
「それは、カラシを詰めるため」と答える人は、きっとユーモアのセンスのある人だと思います。

レンコンは、漢字で書くと「蓮根」。実は、私たちが食べているのは、ハスの土の中にある地下茎(ちかけい)の部分です。
この地下茎には、いくつもの節があり、ストローを通したような穴があいています。

ハス 地下茎

さて、この穴は日光・栄養・水とともに、植物の成長になくてはならない空気を、地下茎の末端にまで行き渡らせるパイプの役目をしているのです。

ハスの葉で吸収された空気は、その葉の中心部にある2本の空気穴を通り、土中の地下茎へと送り込まれてきます。
ハスが生きる水田や湿地の水底で空気を取り入れるためには、これだけ太くてしっかりとしたパイプが必要というわけなのです。
雑学 豆知識
関連記事
おすすめ記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する