Super源さんの雑学事典

「ギザギザのある10円玉」と「ツルツルの10円玉」があるのは何故?

10円玉

たまに、周囲にギザギザのある10円玉を見かけることはないでしょうか?

現在出回っている10円玉は、周りがツルッとしたギザギザのないもので、これは、1961年にチェンジしました。

硬貨の周りにあるギザギザは、もともとは高額硬貨を他と区別するためにつけられたものでした。
というのは、当時は10円玉が、硬貨としては最高金額だったのです。

が、やがて1955年(昭和30年)に50円硬貨が、そしてその2年後の1957年(昭和32年)に100円硬貨が発行されてからは、10円玉は高額硬貨の座を降りたというわけなのです。

そして、高額硬貨の座を失うとともに、10円玉の周囲からギザギザも姿を消しました。

なので、もしもあなたが、ギザギザつきの10円玉を目にしたら、それは50歳くらいになった「オジさん10円玉」ということになり、希少価値があることになります。
雑学 豆知識
関連記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する