Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、雑学、トリビア、お役立ち情報などを分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。

青柳は、何故「バカ貝」と呼ばれる?

バカ貝
写真は、こちらからお借りしました。

青柳は、すしのネタや、酢の物に使われる、ほんのり甘味のある貝で、東京湾、伊勢湾、瀬戸内海でとれる二枚貝の一種ですが、これを青柳と呼んでいるのは、どうやら関東だけのようです。

青柳の名前は、千葉県の富津岬付近でよくとれ、その近くの青柳という土地の人たちが、江戸へ売りに出ていたから、と言われています。

一方、不名誉な呼び名である「バカ貝」の方は、よく晴れて波の静かな日に、浮かれて殻の間から舌のような足を出すさまが、バカが舌を出しているように見えるところからとされています。

しかし、これは俗説で、本当はバカどころか、逆に賢い貝の特性に由来しています。

バカ貝は、砂地の変化や潮の満ち干に敏感で、一晩で住む場所を替えるため、「場替え貝(ばかえがい)」と言われ、これがなまって、いつしか「バカ貝」と呼ばれるようになってしまったようです。

ちなみに、バカ貝の由来のその他の説としては、蛤(ハマグリ)に似ていて殻が薄く、壊れやすいことから「破家蛤」と呼ばれていて、それがそれがなまったものとするものや、バカバカたくさんとれたことから「バカ貝」といわれるようになった、とするものなどがあります。

雑学 豆知識
関連記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する