Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィン等で得た、雑学、トリビア、お役立ち情報等を分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるお役立ちオンラインツールやブログパーツも公開&配布しています。

握りずしは、何故「一貫」という?

寿司一貫

握りずしの起源は、今から約180年前の文政の始めごろだといわれています。
そのころは、時代劇に登場する銭形平次(ぜにがた へいじ)のように、貨幣を10枚ぐらい集め、穴をわらやひもで貫いて持ち歩いていました。

握りずしの大きさが、これと同じくらいの大きさだったことから、「一貫」という呼び名が生まれました。

一方、寿司を握るときの手の動きが、忍者が印を結ぶ動きに似ていることから、忍者の巻物を連想して、「貫」ではなく「巻」の字を当てる説もあります。

また、昔は今と違ってネタの数が少なかったため、寿司を大きく握り、2つに切って出していました。
2貫セットは、その名残です。
雑学 豆知識
関連記事
おすすめ記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する