Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、雑学、トリビア、お役立ち情報などを分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。

8本足の「タコイカ」はタコ? それともイカ?

北海道の近海などに、「タコイカ」という、ちょっと変わった名前の生物が生息(せいそく)しています。
この生物は、「タコ」なのでしょうか? それとも、「イカ」なのでしょうか?

イカとタコの違い


イカとタコの仲間は、軟体動物の頭足類(とうそくるい)に属す親戚です。
どちらも頭が胴体と足(腕)との間にあり、足が頭をとり巻くようについているのが特徴です。
タコとイカの違いといえば、まず挙げられるのは足の数で、タコの足(腕)は8本、イカは10本ということになります。

「タコイカ」はどっち?


ところが、北海道の近海や日本海の一部に生息する「タコイカ」と呼ばれる変わり者は、胴長約30cm、頭と胴体はイカらしいのですが、足が8本なので、タコなのかイカなのか、ちょっと迷ってしまう姿形をしています。
おそらく、それでタコイカという名前がついたのでしょう。

タコイカ
タコイカ
写真は、こちらからお借りしました。

さて、このタコイカですが、実はイカなのです。
普通、イカの場合は10本ある足のうち、2本は触腕(しょくわん)という先端のほうにしか吸盤のない腕をもっているのですが、タコイカにはこれがないのです。
それで足が8本ということになり、タコかイカか迷ってしまうわけですが、正真正銘のイカです。

おわりに


しかし、頭と胴体がイカで、足がタコとは、まことにややこしい生物ですね。
こんなにややこしいと、本人も自分がタコだかイカだか分からず、さぞや困っていることでしょう。
雑学 豆知識
関連記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する