Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィン等で得た、雑学、トリビア、お役立ち情報等を分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるお役立ちオンラインツールやブログパーツも公開&配布しています。

怪奇現象? 必ず南向きに戻るお地蔵さん

お地蔵さん

山形県飽海群(あくみぐん)平田町にある飛鳥神社のお地蔵さんは、どうも南向きでないと居心地が悪いようです。

このお地蔵さんは、高さ30センチの石仏(せきぶつ)で、慶長17年(1612年)に最上義光(もがみよしあき)公によってつくられました。
このとき以来、お地蔵さんは南を向いて立っていましたが、あるとき、誰かのいたずらで北向きにされてしまいました。

そこでこのお地蔵さん、どうもこの向きでは居心地が悪いと思ったのかどうかは分かりませんが、いつの間にかまた、自分で南向きに戻ってしまい、「動くお地蔵さん」として話題になりました。

飛鳥神社の神主、佐藤ふじ子さんも、

「信じがたいことですが、ほんとうです。石像ですから、風で動くわけもないし…」

と、不思議に思っているようです。

今では、またいたずらされないように、格子で囲まれているそうですから、お地蔵さんも、安心して立っていられます。
珍事件簿
関連記事
おすすめ記事

* Category : 珍事件簿

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する