Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、雑学、トリビア、お役立ち情報などを分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。

コイは、恋をすると思いニキビを作るって本当?

鯉

コイという魚は、日本人に最もなじみの深い魚のひとつです。
漢字で書くと「鯉」で、この魚偏に里という通りに、里にいるなじみの魚という意味です。

もう一説には、このコイという呼び名は、「恋」から来ているというものがあります。
はっきりとした理由は分からないのですが、コイや、その親戚にあたるキンギョといった魚の仲間は、春が来て繁殖期になり、仲間に恋をすると、頬とか鰭(ひれ)のあたりに思いニキビを作るのです。

このニキビは、通称「追い星(おいぼし)」という白い斑点で、春になるとコイの体にできて、夏ごろの繁殖期が終わる頃になると、出たり消えたりして、秋になると消えてしまいます。

さらに、これはオスだけに見られる現象ですが、生殖の時期になると、「婚姻色(こんいんしょく)」といって、体全体が美しい色に変化することもあります。

こうした変化は、繁殖期のホルモンの関係であろうと言われていますが、人間の場合でも、年頃になると、ホルモンの関係でニキビができたり、恋をするときれいになったりしますね。
雑学 豆知識
関連記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する