Super源さんの雑学事典

古代エジプトでは「パン」がステイタスシンボルだった? - 時代変われば品変わる

ファラオ

今の日本では、グッチのバッグやベンツの車をもっていることなどがステイタスシンボルだといわれているようです。
が、このステイタスシンボルというものは、時代と場所によっていろいろと違いがあるようです。

「所変われば品変わる」ステイタスシンボル


例えば、古代エジプトでは、たくさんのパンを持っていることが裕福な証拠となっていました。
記録によれば、ファラオ(王)が旅をするときには、なんと3万4000個ものパンを携(たずさ)えていったとあります。

また、信仰心の厚かったラメス王は、神殿にパンを奉納(ほうのう)しましたが、その数というのが、月に6日間ある祭日には83個ずつ、そして1日おきに356個のパンと14個のガレット(固パン)という途方もないものでした。
ひと月を30日として計算してみると、5838個のパンと210個のガレットを奉納していたことになります。

この時代は、パンがお金の代わりに使われていたようですが、それにしても桁違いの数といわざるをえません。

ファラオや、神殿を司(つかさど)る人がそんなにたくさんのパンを食べるはずはないので、パンはやはり権力の象徴として見られていたということになります。
雑学 豆知識
関連記事

* Category : 雑学

* Comment : (2)

* by の
月に6日の祭日ってどういうことですか??
もう少しかんたんにお願いします・・・。

Re: * by Super源さん
のさん、こんばんは。v-410
ご質問、ありがとうございます、
分かりにくかったようで、すみません。

これは、月に6日間ある祭日に、83個ずつということです。
つまり、1ヶ月あたり、祭日に奉納する分だけで83*6=498個ということですね。

本文の方も直しておきました。

それでは、今後ともよろしくお願いいたします。v-530

コメント









管理者にだけ表示を許可する

月に6日の祭日ってどういうことですか??
もう少しかんたんにお願いします・・・。
2012-10-19 * の [ 編集 ]
Re:
のさん、こんばんは。v-410
ご質問、ありがとうございます、
分かりにくかったようで、すみません。

これは、月に6日間ある祭日に、83個ずつということです。
つまり、1ヶ月あたり、祭日に奉納する分だけで83*6=498個ということですね。

本文の方も直しておきました。

それでは、今後ともよろしくお願いいたします。v-530
2012-10-21 * Super源さん [ 編集 ]