Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、雑学、トリビア、お役立ち情報などを分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。

エジソンがほれ込んだ京都の竹?-白熱電球開発秘話

エジソン 竹

発明王エジソンの発明品のひとつに白熱電球がありますが、そのフィラメントには、京都の竹が使われていたことをご存知ですか?
今日は、この話を書いてみたいと思います。

当時、多くの科学者が、長時間光り続ける電球の研究にチャレンジしていた


当時、アーク灯が発明されていたのですが、アーク灯はにおいがしたり、光が強すぎたりして、実用的とはいえませんでした。
そこで、多くの科学者が、柔らかい光で、長時間光り続ける電球を作る研究にチャレンジしていました。

電球を作るうえで一番難しかったのが、ガラス球の中で光を放つ細い線のフィラメント部分で、ここを何で作るかということがポイントでした。
というのは、ほとんどの線は、すぐに燃え尽きてしまったからです。

エジソンも、この部分には苦労しました。
金属の針金、紙、糸など、手当たり次第に6000種類もの材料を実験に使ったといいます。
そして、1879年には、木綿糸を蒸し焼きにした炭のフィラメントで、45時間の発光に成功するのですが、それでも満足せず、もっと長時間もつものをと、さらなる研究を続けました。

ついに、最良のフィラメント材料を発見!


そんなある日、エジソンは、日本製の扇子(せんす)から竹を取って、これを炭化して使うとよいことが分かりました。
そこで、中国や日本へ人を送り、竹の調査をさせたところ、京都郊外の八幡(やわた)の竹がフィラメントに最良ということが分かったのです。
八幡の竹のフィラメントで作った電球は、800時間も光り続けました。

エジソンは、ついに最良のフィラメント材料を見つけたのです!

そしてその後10年にわたって、エジソンの元には八幡の竹が送り届けられたということです。

地団太を踏んで悔しがった東芝


その頃、日本の東芝も、フィラメントの材料を必死で探していたようなのですが、エジソンが京都産の竹を使ったと聞き、

「灯台もと暗し!」

と叫び、それはもう地団駄(じだんだ)を踏んで悔しがったといいます。

東芝が、エジソンに負けた瞬間ですね。

おわりに


いかがでしたか?
さすがはエジソン、粘り強さが半端ではない、という感じですね!

この記事を書いているとき、私の頭には、エジソンが言ったとされる、「天才とは1%の才能と99%の汗のことである」という言葉が浮かんでいました。
もっともその後、別の事柄をリサーチ中に、実はエジソンはそんなことは言っていないことを知るのですが…。

えっ、それはどういうこと? エジソンは、本当は何と言ったの? とご興味をもたれた方は、「電球の発明者エジソンが死んだとき、追悼の意を込めて、全米が1分間電気を消した?」の後半部分をお読み下さい。
雑学 豆知識
関連記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する