Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、雑学、トリビア、お役立ち情報などを分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。

ラジオの蒸気機関車の音は、大根おろし器の音だった?

効果音

かつて、録音技術が未発達の頃、テレビやラジオなどで使われる効果音は、いかに本物に近い音を出すかで苦労したようです。
音響効果担当者は、あらゆる道具を使って、より自然に近い擬音を求めて苦闘を続けたといいます。

以下に、そのいくつかを挙げます。

1.天ぷらをあげる音 → 蒸しタオルにアイロンをおしつけ、「ジュー」といわせる
2.火が燃える音 → セロファンをくしゃくしゃにする
3.人を殴る音 → 濡れタオルを右手にまいて左手で叩く
4.ポンポン船が走る音 → 空きビンの口を叩く
5.風の音 → ビニールのコードに小石をつけ、振り回す
6.馬蹄の音 → やしの実をくり抜いたものかお椀(わん)で、濡れぞうきんまたは箱につめたそら豆の上を叩く
7.バリカンの音 → 洗濯ばさみを開いたり閉じたりして、カチカチと音をたてる
8.蒸気機関車 → 大根おろし器をブラシでこする
9.雨の音 → 大うちわで、そら豆、ボタンなどをひもでぶら下げたものを回す
10.波の音 → 柳行李(やなぎごうり)に張った紙に番傘(ばんがさ)の油を塗り、豆や砂利を入れて動かす

今では技術が向上して、実際の音を現地で録音したものを使うようになってきました。
雑学 豆知識
関連記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する