Super源さんの雑学事典

えっ? サラ・ベルナールは、頭蓋骨をアクセサリーにしていた?

頭蓋骨

広い世界には、いろいろな人がいるものですが、フランスの大女優サラ・ベルナールは、驚くなかれ、人間の頭蓋骨をアクセサリーにしていました。

サラ・ベルナールは、葬式や屍体に関係のあるものが大好きだった


サラ・ベルナール(Sarah Bernhardt (1844-1923))といえば、往年のフランスの大女優ですが、サラ・ベルナールと親しかった女優のマリー・コロンビエによれば、この大女優は葬式や屍体に関係のあるものが大好きで、パリの医学校の周囲を歩き回っては、どこからか人間の頭蓋骨を1ダースほど入手してきて、それをルーム・アクセサリーにしては得意がる奇人であったといいます。

また、わざわざ葬儀屋に、黒檀(こくたん)と銀製の豪華な棺おけを注文しては、自分の顔に死人のメークアップを施し、棺おけの中に納まって、訪ねてきた友人たちを驚かしていました。

また、あるときなどは、びっくりした男友達の様子にプッと吹き出し、「どう、この中で私と寝てみない?」といったそうです。
奇人 怪人
関連記事

* Category : 世界の奇人・怪人

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する