Super源さんの雑学事典

「おじゃんになる」のおじゃんって何?-昔、火事の時に打った半鐘の音から

進行していたことが、途中でダメになってしまうとき「おじゃんになる」といいますが、このおじゃんは何から来ているのでしょうか?

「おじゃん」は、昔、火事の時に打った半鐘の音に由来


この「おじゃん」は、半鐘(はんしょう)の音から来ています。
最近では、やぐらの上にかかった半鐘など、まず見かけなくなりましたが、昔は、火事のときにこの半鐘が大活躍をしていました。

半鐘
半鐘
写真は、こちらからお借りしました。

その半鐘の叩き方には、約束事があります。
火事が近いときには乱打、遠いときにはその距離に応じて2打とか3打とか、叩く回数を変えて知らせたのです。
そして、やがて鎮火すると、「ジャンジャン」とゆるく2回叩きました。

ここから、終了を意味するジャンに「お」をつけて、おじゃんとなった次第です。
雑学 豆知識
関連記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する