Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、雑学、トリビア、お役立ち情報などを分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。

ウルトラマンよりも早く地球にやってきたヒーローがいた?

我が国のSFヒーロードラマといえば、昭和41年の「ウルトラマン」から始まったと考えられがちですが、実はそれより10年も早く、地球に来て悪と戦っていた正義の宇宙人たちがいました。

その一番手は「遊星王子」。
正義の味方の元祖である「月光仮面」を世に送り出した宣弘社の制作で、昭和33年11月から約1年間にわたり、日本テレビ系で放送されました。
が、「江戸時代に、木曾の山奥に不時着したUFOの中で人口冬眠していた異星人が、木曾谷のダム建設工事の音で目覚め、靴磨きのおじさんに姿を変えて侵略者たちと戦う…」という奇抜な設定が災いしてか、あまり人気になりませんでした。

遊星王子
遊星王子
写真は、こちらからお借りしました。

そして、その翌年には、アンドロメダ星雲からやって来た不死身のヒーロー「ナショナルキッド」が登場。
こちらはテレビ朝日系で放送されました。

ナショナルキッド
ナショナルキッド
写真は、こちらからお借りしました。

ナショナルキッドを直訳すれば、「松下小僧」・・・。
そうです、このナショナルとは、いうまでもなく松下電器(現在のパナソニック)のことで、この番組のスポンサーでした。

このネーミングのストレートさもさることながら、ヒーローが敵を倒すのに使う秘密兵器「ロイヤル光線銃」というのが自社の懐中電灯そっくりだったり、空を飛ぶシーンでも会社の広告ネオンが出てきたりと、露骨なまでにスポンサーが自己主張をしていました。
が、番組は大ヒットし、懐中電灯と乾電池は飛ぶように売れたそうです。
雑学 豆知識
関連記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する