Super源さんの雑学事典

ハブに噛まれて死んでいた、フーテンの寅さん?

寅さん下町ぶらり散歩

今は亡き渥美清の演じた、国内のみならず海外でも有名となった、 笑いあり、涙ありの下町人情を描いた「男はつらいよ」シリーズ。
日本映画の代名詞とまでいわれるようになったこの作品ですが、もともとはテレビドラマだったことは案外知られていません。

さて、このドラマの最終回で、主人公の寅さんは、ハブに噛まれて死んでしまいます。
テレビ版の「男はつらいよ」は、昭和43年にフジテレビで放送されたのですが、その脚本を担当していたのは、その後ずっと寅さんを撮り続けることになる、映画監督の山田洋次。

最終回の放送直後から、テレビ局に「何故寅さんを殺したのか」という視聴者からの電話が殺到し、これを聞いた山田洋次監督は、「もう寅は自分だけのものではなく、視聴者みんなのものになっていたんだ。私には彼を殺す資格はなかった」と悟ったといいます。
この瞬間、山田監督は、寅さんを再びスクリーンの中に蘇らせることを心に決めたのでしょう。

そして、その翌年の昭和44年から、映画版「男はつらいよ」シリーズがスタートすることになります。

ちなみに、この「男はつらいよ」というタイトルは、当時北島三郎が唄っていた『意地のすじがね』という曲中にあった、「つらいもんだぜ男とは」という歌詞がヒントとなって命名されたものです。
雑学 豆知識
関連記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する