Super源さんの雑学事典

なんと、スティーブン・スピルバーグは、少年時代、女の子にも泣かされる弱虫だった!

スティーブン・スピルバーグ

「未知との遭遇(みちとのそうぐう)」「E・T(イー・ティー)」「インディージョーンズ」などで知られるハリウッドの有名映画監督スティーブン・スピルバーグ。
彼は、なんと、少年時代、学校ではかけっこもビリで、女の子にも泣かされる弱虫でした。

しかし、そんな彼が、父親の8ミリカメラを手にしたことで映画に目覚め、12歳で短編映画を撮るようになってからは、どんどん積極的になっていきました。

とはいえ、相変わらず女の子は苦手で、初めてのデートには父親がついて行ったと伝えられています。

スティーブン・スピルバーグは、実はジェームズ・ボンドを撮りたかった


ちなみに、スピルバーグは、実はジェームズ・ボンドを撮りたかったようで、プロデューサーのアルバート・R・ブロッコリに2度ほど打診しています。
が、どちらも断られています。

最初は、スピルバーグがまだキャリアを積んでいないとの理由で、2回目は、彼がヒットを飛ばしすぎているからという理由でした。
となると、これはもう、嫌われているということなのかも知れませんね。
雑学 豆知識
関連記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する