Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、雑学、トリビア、お役立ち情報などを分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。

タレントのギャグにも著作権がある?

コピーライトマーク

著作権法では、対象となる著作物、実演について、以下のような定義があります。

著作権は、「思想又は感情を創作的に表現したもので、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの」を指します。
実演は、「著作物を、演劇的に演じ、舞い、演奏し、歌い、口演し、朗詠し、又はその他の方法により演ずること(これらに類する行為で、著作物を演じないが芸能的な性質を有するものを含む)をいう」となっています。
自動リンク
以上のことより、一般的にはタレントのギャグにも著作権があることになります。

が、ギャグは特許などの工業所有権と異なり、あらかじめ公的機関に権利を登録する仕組みにはなっていません。権利の侵害の訴えがあって初めて、著作権が成立するかどうか、司法の場で判断されることになります。
雑学 豆知識

関連記事
おすすめ記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する