Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィン等で得た、雑学、トリビア、お役立ち情報等を分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるお役立ちオンラインツールやブログパーツも公開&配布しています。

自己破産した場合、貸した方は泣き寝入りをするしかない?

自己破産

個人が自己破産した場合、それまでの借金は一生返さなくていいのでしょうか?
また逆に、貸した方は泣き寝入りをするしかないのでしょうか?

裁判所が、債権調査や配当率決定、配当実施などの終了後に行なう審査で「免責」の決定を下せば、その借金は帳消しになります。
その場合、お金を貸した方は諦めるしかありません(もちろん、財産があれば、免責決定に先立つ破産手続きで、返済に充てなければなりません)。

さて、ここでポイントとなるのは、その借金ができた理由です。
その理由が、生活苦や病気などの場合には免責が認められます。
が、ギャンブルや遊興費のためであったり、また人を騙して借金した場合などには免責が認められないので、借金は丸々残ります。

免責というのは、「誠実な債務者」が人生の再スタートを切るために認められた制度なのです。
雑学 豆知識
関連記事
おすすめ記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する