Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、雑学、トリビア、お役立ち情報などを分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。

「ソロモンの指環」とは?-旧約聖書の中で、ヤハウェの命を受けた大天使ミカエルがソロモン王に授けた指環

「ソロモンの指環(ソロモンのゆびわ)」というのがあります。
これは、一体どのような指環なのでしょうか?

「ソロモンの指環」とは?


ソロモン王の指環
写真はこちらからお借りしました。

「ソロモンの指環(ソロモンのゆびわ)」とは、旧約聖書の中で、ヤハウェの命を受けた大天使ミカエルが、ソロモン王に授けた指環です。

「ソロモンの指環」は、真鍮(しんちゅう)と鉄でできており、この魔法の指環をはめることによって、さまざまな天使や悪魔を意のままに動かし、あらゆる動植物の声を聞く力を得ることができると伝えられています。

これに関して、動物行動学者のコンラート・ローレンツ(Lorenz, Konrad 1903-1989)は、『自分のよく知っている動物となら、魔法の指環などなくても話ができる』とし、動物たちの飼育や観察を通して動物たちと語らいあったことを、1949年(昭和24年)、「ソロモンの指環(King Solomon's Ring)」という同名の本に著しています。

「ソロモンの指環」の言い伝えは、誤訳だった


しかしながら、この「ソロモンの指環」の有名な言い伝えは、実は誤訳だったようです。
旧約聖書では、「諸王の一人ソロモンはたいへん博学で、けものたち、鳥たち、魚たちに"ついて"も語った(列王記1 4.23)」となっており、この記述のちょっとした読み違いが、ここで取り上げた「ソロモンは魔法の指環をはめて、けものども、鳥ども、魚ども"と"語った」、という有名な言い伝えを生むことになったようです。

つまり、「ソロモンの指環」はなかったのですね。

参考にしたサイト
ソロモンの指環―動物行動学入門
http://wondada.cocolog-nifty.com/hibi_saisai/2006/05/post_9cef.html
雑学 豆知識
関連記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する