Super源さんの雑学事典

「吾輩は猫である」のネコはどうやって死んだ? - 酔っ払ってカメに落ちた

吾輩は 猫である

文豪夏目漱石(なつめそうせき、慶応3年1月5日(1867年2月9日) - 大正5年(1916年12月9日))の小説、「吾輩は猫である」で、この物語の主人公であるネコは、最後に死んでしまいます。
さて、それではこのネコはどうやって死んだのでしょうか?

「吾輩は猫である」のネコが死んだ理由


その答えは、「ビールで酔っぱらって、カメに落ちて死んだ」です。

前足をぐにゃりと前へ出したと思う途端ぼちゃんと音がして、はっと云ううち、――やられた。どうやられたのか考える間がない。ただやられたなと気がつくか、つかないのにあとは滅茶苦茶になってしまった。
 我に帰ったときは水の上に浮いている。苦しいから爪でもって矢鱈に掻いたが、掻けるものは水ばかりで、掻くとすぐもぐってしまう。(中略)ようやく頭だけ浮くからどこだろうと見廻わすと、吾輩は大きな甕の中に落ちている。


詳細は、「青空文庫」でご確認ください。

吾輩は猫である - 青空文庫
https://www.aozora.gr.jp/cards/000148/files/789_14547.html
雑学 豆知識
関連記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する