Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、雑学、トリビア、お役立ち情報などを分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。

外国映画の字幕の文字は何故活字体にしない?-手書きの字体を好むファンも多いため

映画の 字幕

外国映画の字幕の文字は、何故読みやすい活字体にしないのでしょうか?

活字同様手書きの字体を好むファンも多いため、独特の字体が使われている


外国映画の字幕の文字は、「タイトル・ライター」と呼ばれる専門の人が手書きしたものを製版しています。
作り方としては、凸版印刷の要領で、フィルムの上に文字の形の傷をつけています。

そのため、例えば「口」のように画が四角く閉じられた文字は、文字を打ち込むときに閉じられた部分に穴が開いてしまいます。
そこで、少し切れ目の入った独特の字体になっています。

さて、映画に字幕を入れる方法としてはもうひとつ、字幕用の字体をコンピューターに記録し、写植方式で書き込む方法も開発されています。
この方法を使えば、量産が可能で、技術的には活字体も可能です。
が、手書きの味のある字体を好むファンも多いことから、独特の字体が圧倒的に多いようです。
雑学 豆知識
関連記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する