Super源さんの雑学事典

日本の国鳥は何? また、国鳥を選ぶ基準は?

日本の国鳥は、何でしょうか?

キジ 雉

答えは、雉(きじ)です。

国鳥とは? そして、選ぶ基準は?


そもそも、国鳥というのは何なのでしょうか?

国鳥(こくちょう)は、その国のシンボル、あるいは代表とされる鳥のことです。
鳥の保護活動の一環として、アメリカで初めて制定されたのが国鳥の始まりです。
国鳥の選定基準は、その国の固有種を選ぶ、国民に人気のある鳥を選ぶなど、基準は国によって異なります。

そして日本の場合、国鳥を選ぶ基準は主に3つあります。

1.神話や昔話などで親しまれている鳥であること
2.勇気と母性愛に富むこと
3.日本の固有種であること

日本では、1947年(昭和22年)に、「日本鳥学会」が第81回例会で日本の国鳥を雉に定めました。
その理由は、雉は日本の固有種であること、勇気や母性愛に富んでいること、そして神話や昔話などで親しまれていることからです。

なお、雉は日本国内の多くの自治体で、「市町村の鳥」に指定されています。
雑学 豆知識
  このエントリーをはてなブックマークに追加  
関連記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する