Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、雑学、トリビア、お役立ち情報などを分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。

世界で最初に、地球の大きさを測ったといわれるエジプトの学者は誰?

世界で最初に、地球の大きさを測ったといわれるエジプトの学者は誰でしょうか?

答えは、エラトステネス(Eratosthenes、紀元前275年 - 紀元前194年)です。

エラトステネス
エラトステネス
写真はこちらからお借りしました。

エラトステネスは、アレクサンドリアで地面に立てた棒の影を利用して、地球の周囲の長さを求めました。

エラトステネスってどんな人?


エラトステネス(Eratosthenes、紀元前275年 - 紀元前194年)は、ヘレニズム時代のエジプトで活躍したギリシャ人の学者です。
文献学、地理学を始めとする多くの学問で業績を残しましたが、特に、数学と天文学の分野で、後世に残る大きな業績を残しました。

とりわけ、地球の大きさを初めて測定した人物として、また素数の判定法である「エラトステネスの篩(ふるい)」を発明したことで知られています。

エラトステネスは、実際にどうやって地球の周囲の長さを計算した?


エラトステネスが、棒を使って地球の周囲を計算した方法は、以下の通りです。
地球の大きさ
太陽光線は、地球に対して平行に降り注いでいます。
垂直な棒は、延長すれば、地球の中心に達します。

地球を球と仮定し、シエネがアレキサンドリアの真南に位置するとすれば、この棒と太陽光線のなす角度7.2度は、シエネとアレキサンドリア間の緯度(いど)差に相当します。

7.2度は360度の50分の1です。
よって、アレキサンドリア―シエネ間の925kmを50倍すれば、地球の周囲(円周)の長さが出ます。

参考にしたサイト
エラトステネスが求めようとした地球の大きさの計算を教えてください!!
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1181516976
雑学 豆知識
関連記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する