Super源さんの雑学事典

コーヒーを飲むと頭が良くなる? - コーヒーに含まれるカフェインは、さまざまな作用をもつ「薬」

コーヒー

コーヒーに含まれる眠気覚ましの成分といえば、カフェインですね。
が、実は、カフェインはこの他さまざまな作用をもつ「薬」だということはご存知でしょうか?

コーヒーに含まれるカフェインは、さまざまな作用をもつ「薬」


カフェインには、眠気(ねむけ)・倦怠感(けんたいかん)・偏頭痛(へんずつう)などに効果があり、風邪薬や頭痛薬など、色々な薬に密かに配合されている他、集中力を高める効果もあわせ持っています。
コーヒーを飲んだ後に、算数ドリルの計算問題を解くと、計算速度や正解率が上昇することが科学的に証明されています。

が、カフェインには、もちろん副作用もあります。
そのため、取り過ぎには注意する必要があります。

その代表的なものは、覚醒状態が続き、眠れなくなってしまう「不眠」です。
カフェインが体内で代謝されるためには、3時間以上必要だからです。
寝る前のコーヒーは控えた方が賢明です。

また、カフェインを摂りすぎると、胃や肌が荒れたり、貧血になりやすくなったりと、過剰な摂取は健康に害を及ぼすことさえあります。

他にも尿の量が増えるなど、別の副作用の心配もあります。
そのため、受験など重要なイベントのある日に飲むのは避けたほうが得策といえるでしょう。

結論としては、コーヒーは毎日1杯程度を目安として、集中力が必要なここぞという時に飲む。
これが、コーヒーの最高の飲み方かも知れません。

おわりに


今日は、コーヒーに含まれるカフェインの功罪(こうざい)について書いてみましたが、いかがでしたか?

なお、腰痛がある方は、コーヒーは控えた方が良いかも知れません。
何故なら、腰痛を悪化させる可能性があるからです。

詳しくは、私の別ブログの方で取り上げていますので、お読みになってみてください。

コーヒーを飲むと腰痛になる? – カフェインが腰痛を招く3つの理由

腰が痛い、腰が痛いと言いながら、日常的にコーヒーを飲んでいる方はいらっしゃいませんか? もしかしたら、その腰痛の原因はコーヒーにあるかもしれません。今日は、あまり知られていない、コーヒーと腰痛の関係にスポットライトを当てます。

参考にしたサイト
コーヒーで頭が良くなる?コーヒー通信
http://www.katocoffee.com/com/info/health/qa2.html
本当は怖いカフェインの真実と注意すべき副作用 - NAVER まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2134985927445756801
雑学 豆知識
   このエントリーをはてなブックマークに追加  
関連記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する