Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、雑学、トリビア、お役立ち情報などを分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。

正月に御節料理を食べる意味は?

お節料理

毎年お正月になると、御節(おせち)料理を食べますが、これにはどのような意味があるのでしょうか?

正月に御節料理を食べる意味は?


まず、御節とは中国大陸から伝わった暦上の節目のことで、季節の変わり目などにあたる節日(せちにち、節句)のことを指します。
この節日には祝事を行ない、祝い膳がしつらえられました。
このとき作られるめでたい料理が、「御節料理」と呼ばれました。

さて、御節料理は、地方の風習・家風によりさまざまですが、黒豆は「まめ(健康)」になる、田作は「田を作る」、また昆布は「よろこぶ」、そして、にんじん・こんにゃくなどを結ぶのは「むつみ合う」、というように、それぞれの素材に縁起をかつぐ意味が込められています。

この御節料理は、栄養学的に見てもバランスがよく、野菜・海草・豆・芋など、1日に摂取したい食品がすべて盛りつけられている点も見逃せません。
雑学 豆知識
関連記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する