Super源さんの雑学事典

泥棒が盗品を包んで背負っているのは、何故唐草模様の風呂敷?

泥棒 唐草模様の 風呂敷_compressed

漫画や芝居などで、泥棒が盗品を包んで背負っているのは決まって唐草模様の風呂敷ですが、何故唐草模様なのでしょうか?

まず、「風呂敷」に用いられている模様は、花鳥風月等を題材とする、日本独特の吉祥文様(きっしょうもんよう)が多く、唐草模様もこの吉祥文様のひとつに分類されます(正確には、唐草模様は古代エジプトで生まれ、シルクロードを渡って日本に入ってきた柄です)。
この吉祥文様というのは、縁起がいいとされる動植物や物品などを描いた図柄のことを言います。

さて、この唐草模様の風呂敷は、明治から昭和にかけて大量生産され、値段が下がることでポピュラーになるのですが、当時、泥棒は手ぶらで家屋に侵入し、まず最初に盗んだ物を持ち運べる大判の風呂敷を探し、それから仕事に取りかかりました。

そして、この様子が芝居などで演じられることによって、泥棒=唐草模様の風呂敷と言うイメージが定着していったのです。

風呂敷の語源は?


なお、風呂敷の語源は、室町時代末期に、大名が風呂に入る際に広げてその上に脱いだ服を包んだから、また、足拭きにしたからなどの説があります。
が、良く分かっていないようです。

風呂敷といえば、実力や現実に見合わないような大それたことをいう、「大風呂敷(おおぶろしき)を広げる」という言葉もありますが、現代では、日常的に着物を着ることはなくなったので、風呂敷を使うのは、ご祝儀などを包むときなどに限られますね。

参考にしたサイト

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A2%A8%E5%91%82%E6%95%B7
唐草模様の風呂敷は何故泥棒のイメージがあるのでしょうか?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1121896631
雑学 豆知識
関連記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する