Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、雑学、トリビア、お役立ち情報などを分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。

缶詰の発明者は誰?

缶詰

食料の長期保存を可能にする、缶詰の発明のきっかけは、あのナポレポンが作ったといわれています。

ロシア遠征で、兵糧攻めに苦しんだナポレオンは、懸賞金をつけて、保存食の作り方を公募しました。
すると、集まったアイディアの中に、ガラスビンに食品を入れて煮沸(しゃふつ)し、口をコルクと蝋(ろう)で密封するというものがありました。

このアイディアを発展させ、1810年(文化7年)、イギリスのピーター・デュランド(Peter Durand)によってブリキ製の缶詰が作られました。
この缶詰は、ガラスのように割れる心配がないため、広く愛用されるようになっていきました。
関連記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する