Super源さんの雑学事典

「ミョウガを食べると物忘れがひどくなる」と言われるのは何故? また、科学的根拠は?

ミョウガ

ミョウガを食べると、物忘れがひどくなると言われます。
何故,、このように言われるようになったのでしょうか?

釈迦の弟子のひとり、周利槃特のエピソードが元に


ミョウガを食べると、物忘れがひどくなると言われるのは、お釈迦さまの十大弟子のひとり、周利槃特(しゅりはんどく)をめぐるエピソードが元になっています。

周利槃特
周利槃特
写真は、こちらからお借りしました。

兄が英明であったのに対し、弟の周利槃特は愚鈍(ぐどん)で、お経も読めず、豆と麦の区別もつかないくらい頭が悪かったと言われます。

お釈迦様は、そんな周利槃特に掃除を教えたそうです。
彼は、20年間、掃除を頑張りました。

結局、上達はしませんでしたが、上達することも大切だが、根気よく同じことを続けることはもっと大切だ、とお釈迦様に誉められたそうです。

そして、周利槃特の死後、埋葬したところにミョウガが生えてきたことから、ミョウガと「物忘れ」、「頭が悪くなる」という連想で、このようにいわれるようになりました。

「ミョウガを食べると物忘れがひどくなる」の科学的根拠は?


それでは、「ミョウガを食べると物忘れがひどくなる」という科学的根拠はあるのでしょうか?
答えを先に書けば、そのような科学的根拠はありません。

それどころか、みょうがには、α-ピネン(アルファピネン)という、独特の香り成分が含まれています。
そしてなんと、この成分には物忘れを助長(じょちょう)するどころか、反対に眠気を覚まして頭をすっきりとさせる効果が期待できます。

そればかりではありません。
さらには、胃腸の働きを活性化したり、血液の循環をよくしたり、新陳代謝をよくしたり、貧血を改善したりする働きがあるのです。

「みょうが命」の猫

これはもう、みょうがをバリバリ食べるしかありませんね。(笑)
  このエントリーをはてなブックマークに追加  
関連記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する