Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、雑学、トリビア、お役立ち情報などを分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。

「アカペラ」の語源は?-イタリア語の「a cappella」から

アカペラ

アカペラとは、イタリア語の「ア・カペラ(a cappella)」が語源で、「礼拝堂風に」というのが元の意味です。
日本語では、「アカペラ」のほか、イタリア語の発音に近い「ア・カペッラ」、英語発音に近い「アーカペラ」と表記されることもあります。

本来は、文字通り教会内で礼拝堂風に歌われる合唱曲のことで、伴奏のない曲か、楽器が声と同じような調べを奏でる曲を指しました。

その後、この言葉は次第に語義が広がり、19世紀以降は、楽器の伴奏のない声楽曲すべてに使われるようになりました。

「♪にゃーん、にゃんにゃんにゃーん。ゴロゴロゴロ、にゃーん♪」
歌う 猫
写真はこちらからお借りしました。

今では、ゴスペル、ポップス、歌謡曲など、あらゆるジャンルの音楽に使われています。
語源・由来
関連記事

* Category : 語源・由来

* Comment : (2)

* by ユウ
そうなんですね~!
アカペラと普通に言うから英語なんだと思っていました。
イタリア語だったとは。
またひとつ物知りになりました。
ありがとうございます!

Re:コメント * by Super源さん
ユウさん、こんにちは。v-290
音楽用語には、イタリア語が非常に多いですね。これはやはり、近代ヨーロッパの音楽が、まずイタリアで発達したためだと思います。

例えば、以下の音楽記号は、すべてイタリア語です。v-342

f ff(フォルテ・フォルティッシモ) … 強く・非常に強く
P PP(ピアノ・ピアニッシモ) … 弱く・非常に弱く
con forza(コン フォルツァ) … 力強く
dim.(ディミヌエンド) … 次第に弱く
sempre p(センプレ ピアノ) … ずっと弱く
cresc.(クレシェンド) … だんだん強く
a tempo(ア テンポ) … もとの速さで
legato(レガート) … なめらかに
da capo(ダ・カーポ) … 最初から

書き込み、ありがとうございました。v-522

コメント









管理者にだけ表示を許可する

そうなんですね~!
アカペラと普通に言うから英語なんだと思っていました。
イタリア語だったとは。
またひとつ物知りになりました。
ありがとうございます!
2006-02-08 * ユウ [ 編集 ]
Re:コメント
ユウさん、こんにちは。v-290
音楽用語には、イタリア語が非常に多いですね。これはやはり、近代ヨーロッパの音楽が、まずイタリアで発達したためだと思います。

例えば、以下の音楽記号は、すべてイタリア語です。v-342

f ff(フォルテ・フォルティッシモ) … 強く・非常に強く
P PP(ピアノ・ピアニッシモ) … 弱く・非常に弱く
con forza(コン フォルツァ) … 力強く
dim.(ディミヌエンド) … 次第に弱く
sempre p(センプレ ピアノ) … ずっと弱く
cresc.(クレシェンド) … だんだん強く
a tempo(ア テンポ) … もとの速さで
legato(レガート) … なめらかに
da capo(ダ・カーポ) … 最初から

書き込み、ありがとうございました。v-522
2006-02-09 * Super源さん [ 編集 ]