Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、雑学、トリビア、お役立ち情報などを分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。

「鏡音リン・レン」とは?-初音ミクに続いて発売されたボーカルキャラクター

鏡音リン・レン
写真は、こちらからお借りしました。

鏡音リン・レン(かがみね りん・れん)とは、2007年12月27日にクリプトン・フューチャー・メディアから発売された、デスクトップミュージックを制作する音声合成ソフトウェア、および同ソフトのイメージキャラクターの名称です。

鏡音リン・レンは、初音ミクに続く「キャラクター・ボーカル・シリーズ」の第2弾として発売されました。
当初は、女性歌声の「リン」のみが発表されましたが、その後、ユーザーからの強い要望もあり、男性歌声の「レン」も搭載されました。

鏡音リン・レンの声-いわゆる「中の人」-は、声優・下田麻美(しもだ あさみ)が一人二役で担当しています。
声質は、初音ミクの声と被らないように、「張りのある声」、「力強い声」を志向して開発されています。

下田麻美
下田麻美
写真はこちらからお借りしました。

リンとレンとの関係については、開発段階では「双子の姉弟」とする構想もありましたが、双子としない方が、ユーザーの使い方が広がるという理由で、双子とは設定されませんでした。
ただし、関連資料によっては「姉弟」と明記されていることもあります。

また、「鏡音リン・レン」というキャラクター名の由来については、発表時に「鏡に映ったもう1つの存在である」とアナウンスされていますが、これは公式設定には記載されていません。
開発元は、苗字(みょうじ)も名前も「コードネームのようなもの」としています。

鏡音リン・レンは、2008年9月現在、約2万4千本が販売されており、第1弾の初音ミクには及ばないものの、DTMソフトウェアとしては異例の売り上げを記録しています。

参考にしたサイト
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8F%A1%E9%9F%B3%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%83%B3
関連記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する