Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、雑学、トリビア、お役立ち情報などを分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。

巨大エネルギー放出により、太陽は消滅しないのか?

燃える太陽

太陽は、自分自身を構成している水素をエネルギー源とする核融合反応(かくゆうごうはんのう)によって輝いています。
この核融合反応では、毎秒約6億9500万トンの水素が、6億9000万トンのヘリウムに転換され、その差500万トンの物質がエネルギーに転化されています。

それにしても、毎秒500万トンの物質が消滅するというのは、まさに桁違いのスケールですね。

ちなみに、太陽が誕生してから今日までに、どのくらいの物質が消滅したかと言うと、地球130個分くらいに相当すると言われています。

それでは、そんなにどんどん物質が消滅していって、太陽はなくならないのでしょうか?

それが、なくならないのです。
何故なら、確かに地球130個分というのはとてつもない質量ですが、太陽全体から見れば、たかだか0.04%にすぎないからです。
太陽は、我々が考えているよりもはるかに巨大な恒星(こうせい)で、ちょっとやそっとで消滅することはないのです。
関連記事
おすすめ記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する