Super源さんの雑学事典

テレビ放送の始まりは? - 1953年2月にNHK、同年8月に日本テレビが放送開始

テレビ放送のの始まり
写真は、こちらからお借りしました。

日本で、テレビ放送が始まったのは、1953年(昭和28)年のことです。
まず、2月にNHKが放送を開始し、続いて8月に、日本テレビ(NTV)が民法として初めて電波を流しました。

日本で最初のテレビ番組は、尾上松緑の舞台劇『道行初音旅』


尾上松緑 おのえ しょうろく 舞台劇 道行初音旅 みちゆきはつねのたび
写真はこちらからお借りしました。

1953年(昭和28年)2月1日午後2時、NHKテレビの本放送が始まりました。
NHK開局の第1声は、

「JOAK-TV こちらはNHK東京テレビジョンであります」

でした。
開局式の後には、尾上松緑(おのえ しょうろく)らによる舞台劇『道行初音旅(みちゆきはつねのたび)』がオンエアされました。
これが、日本で最初のテレビ番組とされています。

日本で最初のCMは、精工舎の『正午の時報』


精工舎 午後の時報のCM 正午をお知らせします
写真はこちらからお借りしました。

そして同年8月28日に、日本初の民放テレビ局・日本テレビが開局しました。
テレビスポンサー第1号は『寿式三番叟(ことぶきしきさんばそう)』を提供した東芝で、CM第1号は精工舎の『正午の時報』(22秒)でした。

日本で最初のテレビ受信機の値段は、29万円


また、今はどこの家庭にも当たり前のようにあるテレビですが、当時は超高級品。
テレビ本放送が始まる1年前に発売された、松下電器製 17型の第1号機の価格は29万円で、なんと、当時の初任給の約54倍でした。

松下電器製 第1号機 白黒テレビ
松下電器製 第1号機 白黒テレビ
写真はこちらからお借りしました。

なお、当時のテレビ受信機の普及台数は、日本全国でわずか866件で、NHK受信料は200円でした。

参考にしたサイト
テレビ放送の始まりとテレビ技術発展の歴史 - 週間BEACON
http://www.icom.co.jp/beacon/backnumber/electronics/009.html
関連記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する