Super源さんの雑学事典

「冷やかす」の語源は? - 紙漉き業者が紙の原料が冷えるまで吉原見物したことから

冷やかし
「このリンゴおいしそうだな」「ダメよ! 今日は冷やかしに来てるんだから」「チェッ!」

「冷やかす」という言葉があります。
「買う気もないのに品物の値段を尋ねたり商品などを見て回ったりする」という意味ですが、この言葉は、一体どこから来ているのでしょうか?

「冷やかす」の語源は?


江戸時代のこと、浅草山谷の紙漉(かみすき)業者は、和紙や上質紙も手がけていましたが、主に生産していたのは、「浅草紙」という、質のよくない今で言うトイレット・ペーパーでした。

この紙は、古紙を漉(す)きかえした再生紙を原料としていたので、紙をしばらく「冷やかす」処理をしなければなりませんでした。
が、その間、職人さんは暇になるので、近くの吉原(よしわら)へ出向いて、遊郭(ゆうかく)に入った新人の遊女を買う気もないのに覗(のぞ)いていました。

ここから、買う気もないのに店をぶらついて、値段をあれこれ聞いて回る客を、「ひやかし」、そして、そのような行為を「ひやかす」というようになりました。

なお、この「冷やかす」は、新潟、富山、長野の一部では「うるかす(水に漬す)」と同じ意味で使われています。

「冷やかす」の類語は?


「冷やかす」と同じような意味をもつ言葉には、一体どのようなものがあるのでしょうか?

冷やかすの類語には、「店を覗く」「立ち寄る」「寄っていく」「顔を出す」「顔を見に行く」「様子を見に行く」「ちょっとだけお邪魔する」があります。

参考にしたサイト
「冷やかす」という言葉に語源があると聞きました。...-Yahoo! 知恵袋
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail.php?qid=1214500072
冷やかす-えるだま・・・世界の国から
https://elderman.exblog.jp/5143499/
  このエントリーをはてなブックマークに追加  
関連記事

* Category : 語源・由来

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する