Super源さんの雑学事典

「カスタマバーコード」とは? - 郵便番号の自動読取を効率化するためのバーコード

バーコード
「カスタマバーコード」というものがあります。
これは一体、どのようなコードなのでしょうか?

「カスタマバーコード」とは?


カスタマバーコードとは、郵便番号自動読取機の処理を効率化するためのバーコードです。
カスタマバーコードは、郵便番号七桁化に伴って導入されたもので、七桁の郵便番号と、町名の後の「X丁目X番X号」の数字(13桁まで)から構成されています。

カスタマバーコード
カスタマバーコード

このカスタマバーコードは、差出人が事前に郵便物に印刷するもので、印刷して投函すると1000枚以上だと料金が5%引きになることから、大口の差出人は自ら印刷しています。

なお、郵便局内でも同形式のバーコードを使用していますが、こちらは「局内バーコード」または「IDバーコード」と呼ばれ、目に見えないインクで印刷されます。

局内バーコード(IDバーコード)
局内バーコード IDバーコード
上記2枚の写真は、こちらからお借りしました。

なお、通常のバーコードの詳細については、以下の記事をお読みください。

本には、何故バーコードが2つついている?-上が国際コード、下が国内コード

単行本や文庫本など、雑誌以外の書物にはバーコードが2つついていますが、これは何故なのでしょうか?バーコード書籍についているコードは、上が国際コード、下が国内コード書籍についているバーコードは、「日本図書コード」と呼ばれる番号をバーコードにしたもので、上が国際コード、下が国内コードとなっています。国際コードは、最初の3桁の「978」が本であることを、次の「4」が日本語で書かれていることを表わしています。そ...

参考にしたサイト
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%9E%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89
  このエントリーをはてなブックマークに追加  
関連記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する