Super源さんの雑学事典

「上田ハーロー」とは? - 金融機関の間に立って外貨売買の仲介をする会社

上田ハーロー
上田ハーロー
写真は、こちらからお借りしました。

よく円相場のニュースに出てくる「上田ハーロー」とは何なのでしょうか?
また、この「ハーロー」はどんな意味なのでしょうか?

「上田ハーロー」とは?


上田ハーローとは、金融機関の間に立って、外貨売買の仲介をする会社です。
株式のように証券取引所といった決まった場所がなく、電話でやりとりをします。
テレビなどで見かけるのはその場面です。

上田ハーローの仕事

上田ハーローの社名は、共同出資者である上田短資(うえだたんし)と、イギリスのMAIグループのハーロー・メイヤー・サヴェッジ社の両創業者の名前からとられたものです。

さらに詳しく


上田ハーロー株式会社は、日本の大手外為ブローカーで、デリバティブを中心とする金融先物取引業者でもあります。
1985年昭和(60年)に合弁会社化し、1999年(平成11年)に外国為替仲介事業について、最大手のトウキョウフォレックスとの間で合弁化。「トウキョウフォレックス上田ハーロー株式会社」(トウフォレ上田)を設立しました。

現在は、個人向け外貨保証金取引(外国為替証拠金取引)を展開しています。


「♪ハーロー、ハーロー、ミスターモンキー♪」懐メロを歌う猫
懐メロを 歌う猫
写真はこちらからお借りしました。
   このエントリーをはてなブックマークに追加  
関連記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する