Super源さんの雑学事典

クレヨンとクレパスの違いは?

クレヨン

クレヨンとクレパスは、どう違うのでしょうか?

クレパスは、1925年(大正14年)に桜商会(現サクラクレパス)が開発したもので、同社の登録商標です。
クレヨンが顔料などを固めるのにパラフィンを使うのに対し、クレパスは油脂を使っています。
そのため、クレヨンよりもクレパスの方が軟らかく伸び伸びと描け、面を塗りつぶすのに適しています。

ちなみに、この「クレパス」という名前は、「クレヨン」と「パステル」の造語です。

それぞれの特徴としては、クレヨンは透明感があり、軽いタッチの絵が描ける一方、クレパスは不透明で、油絵のような重厚なタッチの絵が描けます。

「クレヨンもいいニャンが、絵はやっぱり筆で描くに限るニャー」
絵を描く猫
写真はこちらからお借りしました。

参考にしたサイト
クレヨンとクレパスの違い-文具の春日堂
http://store.yahoo.co.jp/kasugado/a5afa5eca5.html
関連記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する