Super源さんの雑学事典

切れた乾電池を復活させる方法は? - とにかく温める

乾電池

乾電池は、予告なく切れるものです。
例えば、スポーツ中継などのいいところでラジオの乾電池が切れたりすると、忌々しいものです。
このようなとき、あわてて電気屋に走らなくても、復活させて急場をしのぐ方法があります。
今日は、そのやり方をご紹介します。

切れた乾電池を復活させるには?


切れた乾電池を復活させるぐ方法ですが、これはとても簡単です。
その電池を温めてやる、これだけです。

温め方は問いません、
手でこする、体温で温めるなど、いろいろとやり方はあると思います。
すると、あら不思議、もう一度切れた乾電池にパワーが戻ってきます。

夏の日中ならば窓際の日向に置き、冬ならばコタツの中に入れてもていいでしょう。
これで、しばらくは力が回復します。

おわりに


今日は、切れた乾電池を復活させる方法を書いてみましたが、いかがでしたか?

乾電池といえば、野球チームで、投手と捕手の組み合わせのことを、「蓄電池(ちくでんち)」を意味する「バッテリー」と呼びますが、これは何故なのでしょうか?
答えは、以下の記事をお読みください。

投手と捕手の組み合わせを「バッテリー」と呼ぶのは何故?

投手と捕手の組み合わせを「バッテリー」と呼ぶのは何故?

野球チームで、投手と捕手の組み合わせのことを、「蓄電池(ちくでんち)」を意味する「バッテリー」と呼びます。これは、何故なのでしょうか?バッテリーの語源には諸説あり投手と捕手の組み合わせをバッテリと呼ぶこの語源には、諸説あります。今日は、その中から3つをご紹介したいと思います。蓄電池に由来するという説有名なのは、かつてバッテリーは2個以上の蓄電池で一組とするものだったことから、互いになくてはならない存在...


  このエントリーをはてなブックマークに追加  
関連記事

* Category : お役立ち情報

* Comment : (1)

管理人のみ閲覧できます * by -

コメント









管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007-08-01 * [ 編集 ]