Super源さんの雑学事典

TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、雑学、トリビア、お役立ち情報などを分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。

「猛暑日」とは?-最高気温が35℃以上の日

猛暑日

猛暑日(もうしょび)とは、気象庁が2007年(平成19年)4月1日から使用を開始した予報用語のうちの一つで、最高気温が35℃以上の日をいいます。

また、最高気温が25℃以上30℃未満の日を夏日(なつび)、30℃以上35℃未満の日を真夏日(まなつび)といいます。

これらを図示すると、以下のようになります。

  25℃~30℃  夏   日
  30℃~35℃  真 夏 日
  35℃~  猛 暑 日

「あ、暑い! 「たまらなく暑いワン~!」
猛暑日 うだる犬
写真は、こちらからお借りしました。

なお、日本の最高気温と最低気温は、以下の通りです。

・最高気温・・・40.9℃(熊谷、2007年8月16日)
・最低気温・・・-41.0度(旭川、1902年1月25日)

いずれも、観測が始まってからのデータ(東京気象台(現:気象庁)が1875年(明治8年)に開始)です。
旭川は、この温度が観測されたのが1902年と、105年も昔ですね。

関連記事

* Category : 雑学

* Comment : (1)

管理人のみ閲覧できます * by -

コメント









管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007-06-12 * [ 編集 ]