Super源さんの雑学事典

「近江八景」とは? - 琵琶湖周辺の代表的な名勝8カ所を選んだもの

比良の暮雪

「近江八景(おうみはっけい)」というのがあります。
これは、どこの景色を選んだものなのでしょうか?

「近江八景」とは?


近江八景とは、琵琶湖周辺の代表的な名勝8カ所を選んだものです。
具体的には、以下の8カ所を指します。

比良の暮雪(ひらのぼせつ)、矢橋の帰帆(やばせのきはん)、石山の秋月(いしやまのしゅうげつ)、勢田の夕照(せたのゆうしょう)、三井の晩鐘(みいのばんしょう)、堅田の落雁(かただのらくがん)、粟津の晴嵐(あわづのせいらん)、唐崎の夜雨(からさきのやう)

近江八景の元になったものは?


近江八景のオリジナルは、中国湖南省の洞庭湖および湘江から支流の瀟水にかけてみられる、典型的な水の情景を集めて描いた「瀟湘八景図(しょうしょうはっけいず)」(北宋時代成立)です。

「瀟湘八景(しょうしょうはっけい)」というのは、以下の8つの名所を指します。

洞庭秋月・漁村夕照・山市晴嵐・遠浦帰帆・煙寺晩鐘・瀟湘夜雨・平沙落雁・江天暮雪

近江八景は、この「瀟湘八景図」になぞらえて、琵琶湖の南部から八箇所の名所を選んだものです。

近江八景を取り入れた作品は?


近江八景を取り入れた作品は、数多く存在します。
そのうちのいくつかを、以下に示します。

・江戸後期の浮世絵師・歌川広重によって描かれた、錦絵による名所絵(浮世絵風景画)揃物『近江八景』
・江戸後期の文人・大田南畝が詠(よ)んだと伝わる、近江八景の地名を全て含んだ狂歌「乗せたから さきはあわずか たゝの駕籠 ひら石山や はせらしてみゐ」という句
・明治33年(1900年)に大和田建樹が作詞した『鉄道唱歌』第1集東海道編の歌詞中に歌い込まれた近江八景

「八景良ーい のこった のこった!」
八景良い のこったのこった
写真はこちらからお借りしました。
  このエントリーをはてなブックマークに追加  
関連記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する