Super源さんの雑学事典

「けんちん汁」とは?

けんちん汁

けんちん汁とは、崩した豆腐と千切りにした大根・ゴボウ・芋などの野菜を油で炒めたものを入れたすまし汁のことで、日本の各地に古くから伝わる郷土料理のひとつです。

けんちん汁の語源は、臨済宗の本山、鎌倉建長寺の庫裡で、修行僧たちが作った建長汁(ケンチョウジル)がなまったものといわれます。
が、これは俗説で、中華料理の巻繊汁(ケンチェンジル-モヤシを胡麻油で炒め、塩・醤油で、味付けした物)が語源のようです。

参考にしたサイト
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%91%E3%82%93%E3%81%A1%E3%82%93%E6%B1%81
関連記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する