Super源さんの雑学事典

九十九里浜は、本当に九十九里ある?

九十九里浜

千葉県の房総半島にある九十九里浜。
この九十九里浜は、その名前通り、本当に九十九里あるのでしょうか?

九十九里浜は、本当に九十九里ある?


九十九里浜は、千葉県の北東部に位置し、北は銚子の下の飯岡町から南は岬町まで、2市、10町、2村にまたがる海岸です。
九十九里は、計算すると389キロになってしまいますが、実際には60キロほどなので、正確には「十五里浜」です。

それでは、何故このような名前になったのでしょうか?

九十九里浜の名前の由来は、昔、源頼朝がこの地に来て、家臣に命じて6町(1町は約109メートル)を1里として、1里ごとに矢を立てて測量させたところ、99本で行部岬(ぎょうぶみさき)に届いたということから生まれたと言われています。
このため、九十九里浜は別名「矢指ヶ浦(やさしがうら)」とも呼ばれます。

参考にしたサイト
九十九里浜-国際観光モデルコース
http://202.218.5.42/kanko/Shousai.do;jsessionid=8622AD013383FAC8AA16406E5208C7B3?t=7&sid=5378&k=2
   このエントリーをはてなブックマークに追加  
関連記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する