Super源さんの雑学事典

エイプリルフールにウソをついて良いと決めた人物は誰?

聞いた嘘にビックリしている人

4月1日はエイプリルフール(April Fools' Day)ですが、このエイプリルフールにウソをついて良いと決めた人物は、一体誰なのでしょうか?

エイプリルフールにウソをついて良いと決めた人物は誰?


エイプリルフールにウソをついて良いと決めた人物は誰?

4月1日の午前中だけ、悪意(あくい)のないウソをついても許されるという「エイプリルフール」。
この習慣が西洋から日本に伝わったのは、大正時代のことです。
エイプリルフールの起源には、諸説あります。

1.16世紀のフランス発祥説


最も有名なのは、16世紀のフランス発祥(はっしょう)説です。
1564年に、フランスのシャルル9世が暦を太陽暦(現在の暦)に変更した際、新年をそれまでの3月25日から1月1日にしたことに反発(はんぱつ)した人たちが、「ウソの新年」だとバカ騒ぎをしたのが始まりだというものです。

2.インドのお坊さんの修行をからかった説


他には、昔インドのお坊さんが、3月下旬に、悟りを開くための修行(しゅぎょう)をしていたことに由来するという説もあります。
3月の終わりに迷いがなくなったはずが、4月1日にはまた迷いが生じてしまうので、これをからかったのが始まりだというものです。

おわりに


おわりに

今日は、エイプリルフールにウソをついて良いと決めた人物は誰かという話を書いてみましたが、いかがでしたか?

日本に伝わったのは大正時代ということで、意外と新しい習慣だったのですね。おお!(゚o゚)

そうそう。ウソといえば、これは本当はあまりお教えしてはいけないのですが、「ウソをホントに思わせる方法」というのがあるのをご存じですか?
ご興味をもたれた方のみ、以下の記事をお読みください。

ウソを”ホント”に思わせる3つの方法とは?

ウソを”ホント”に思わせる3つの方法とは?

「ねえ、ボクに何かウソをついてないかニャ?」ウソを”ホント”に思わせる方法というのがあるのをご存知でしょうか?今日は、その方法を書いてみたいと思います。ウソを”ホント”に思わせる3つの方法「ウソ」も方便とはいうものの、相手にそれがバレてしまっては、「方便」というわけにもいきません。詐欺師(さぎし)なみのウソ、カミさんに浮気をごまかすためのウソなど、方便をつかう機会はさまざまですが、ここでは、すべてに共通...

読み終わった後、くれぐれも悪用は無用に願いますね。m(__)m (ヨ・ロ・シ・ク)
  このエントリーをはてなブックマークに追加  
関連記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する