Super源さんの雑学事典

ガソリンの「レギュラー」と「ハイオク」は、そもそも何が違う?

ガソリン スタンド 給油

昔、「車はガソリンで走るのです」という、ガス欠になった車をのどかに押して行くCMがありましたが、そのガソリンには、「レギュラー」と「ハイオク」があります。
この2つは、そもそも何が違うのでしょうか?

ガソリンの「レギュラー」と「ハイオク」は、そもそも何が違う?


ガソリンの「レギュラー」と「ハイオク」は、そもそも何が違う?

ガソリンの「レギュラー」と「ハイオク」のそもそもの違いは、「オクタン価」の違いです。
オクタン価とは、燃料のノッキング(異常燃焼)のしにくさを表わす尺度(しゃくど)のことです。
この値が高いほど、ノッキングを起こしにくくなります。

JIS規格では、ハイオクはオクタン価96以上、レギュラーは89以上と規定されています。
ハイオクには、エンジン内部の汚れを取り除く清浄剤(せいじょうざい)が添加されているのも特徴です。

「ハイオク」の代わりに「レギュラー」を入れるとどうなる?


「ハイオク」の代わりに「レギュラー」を入れるとどうなる?

それでは、実際に「ハイオク」の代わりに「レギュラー」を、また、「レギュラー」の代わりに「ハイオク」を入れるとうなるのでしょうか?

ハイオクにレギュラーを入れると、その性能を十分に発揮できなくなるので、推奨(すいしょう)できません。
が逆に、レギュラー車にハイオクを入れてもまったく問題はなく、レギュラーよりも優れた効果を期待できる面もあるようです。

ちなみに、ガソリンは、アメリカではガスと呼ばれることが多く、燃料切れを意味する「ガス欠」は、ここから来ています。

おわりに


おわりに

今日は、ガソリンの「レギュラー」と「ハイオク」は、そもそも何が違うのかという話を書いてみましたが、いかがでしたか?

ガソリンといえば、ガソリンスタンドの屋根は高くなっていますが、これは何故なのでしょうか?
答えは、以下の記事をお読みください。

ガソリンスタンドの屋根が高いのは何故?

ガソリンスタンドの屋根が高いのは何故?

ガソリンスタンドの屋根は、地上から5~6メートルあるのが普通です。しかし、何故あんなに高いのでしょうか?ガソリンスタンドの屋根が高いのは何故?1.大型車両も給油できるようにするためガソリンスタンドには、普通の車以外にも、4メートル以上あるクレーン車など、大型車両も給油します。これらの車両に対応するために、地上から5~6メートルもの高い位置に屋根があるのです。2.気化したガソリンを溜めないためまた、ガソリン...

  このエントリーをはてなブックマークに追加  
関連記事

* Category : 雑学

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する